カテゴリ「大学と戦争」の17件の記事 Feed

2014年12月12日 (金)

続・開戦日の日吉の写真

塾高の阿久沢武史先生が、先日の記事の現場検証にご協力下さいました。結論は「第1校舎1階の事務室の窓からの写真」と出ました。

窓の大きさや、窓の外に見える校舎のディテール、右下の窓のすぐ外に少し枝葉が写っている木がヒマラヤスギだとすると、その位置に今も一本生えていること等々、半日をかけて様々な角度から検証して下さいました。

反対側は、窓の大きさが違い、主任室(校長室)なので、ラジオ放送を流すとしたら事務室(当時から事務室)の方が可能性が高いのではないか、と推測されました。

ほぼ同じ位置を、中庭に出て撮って下さった写真がこちら。阿久沢先生、ありがとうございました。
_r

ちなみに、前回掲載した芳賀日出男さんの写真のアルバムをもう一度確認したところ、すぐ隣にはこの写真が貼られていました。
E6be7277_r
昭和17年2月16日、シンガポール陥落を祝して中庭で塾生が祝賀式を挙行し、合唱しているシーンとキャプションがあります。この写真では足下に雪があり、中央のヒマラヤスギに雪が積もっています。

毎度引き合いに出すこちらの写真では、足下は見えませんが、よく見ると左の方の木に雪が見えます。そうすると、この写真は、おそらくこの昭和17年2月16日ではないかと推定できます。昨年の展覧会の際に私が推定した「昭和17年初旬ヵ」というのが、だいたい合っていたことになります。

この写真は益田有紀彦(司)さん(昭和22年経済卒)から寄贈を受けたアルバムに貼られており、キャプションに「平出大佐 太平洋戦局を語るの日!」などと書き込まれています。

平出英夫大佐は、海軍のスポークスマンとして当時の資料によく出てきますが、慶應にもやってきたという話を何度か聞き取りで耳にしました。ただ、いつどこに来たかということについては、十分裏がとれておりません。こういった細かい情報が、この時代はほとんど記録として残っておりません。『三田新聞』にも『三田評論』にも出ていないのです。

そういうわけで、一枚の写真でも、一冊のノートでも集めておきたいということになるわけです。どうか、引き続きよろしくお願いいたします。

2014年12月 8日 (月)

開戦日の日吉の写真

本日は12月8日、開戦の日です。

この日の慶應義塾の様子について教えてくれる資料は非常に乏しく、ほとんど何もありませんでした。昭和16年~18年の学徒出陣までの学内の動きを追うことを主眼とした昨年の「慶應義塾の昭和十八年」という展覧会の時点では、「この日」を展示する資料は、従来から知られていた学生(上原良司)の日記しかありませんでした。

このプロジェクトを開始して1年半余り、集まってきた写真アルバムの中に、「この日」の様子の可能性がある写真が数枚発見されました。そのうち、間違いないと思われるのがこの一枚です。
E6be7277_r_2

10月の展覧会で展示した写真家の芳賀日出男さん(当時大学予科3年)の写真です。キャプションには次のように記されています。

 聖断の時遂ひに至る!昭和十六年十二月八日!
 「吾が精鋭なる海軍は真珠湾にせまりつゝあり、
  又空軍はすでにハワイ空襲…」
 スピーカーの前に塾生が耳をすまして胸と頬をふるはしてゐる…。

画像ではわかりにくいかと思いますが、日吉第一校舎(現在の慶應高校)の中庭に面した窓辺にラジオの音声を伝えるスピーカーが設置されており、着帽の塾生たちがそれに耳を傾けているという写真です。背後にもうっすらと第一校舎が見えています。これが現存する校舎の中から撮られたとすると現在の主事室か庶務課の辺りから中庭を見た写真ではないかと推定します。同じ日の写真である可能性があるこの写真と見比べると、いかがでしょうか。奥に写っている窓のどこかではないかと思われます。

この記事を見る塾高生や塾高の先生がいらっしゃいましたら、ぜひ現場検証をお願いできればと思います。

(第一校舎は上から見るとアルファベットのEの形をしており、この写真はEの真ん中の横棒の上側か下側から外を見ている状態と思われるので、背後にも校舎が写っています。背後の校舎の右端に中庭への出入り口らしいものが見え、この位置で場所が特定できるかもしれません。今は理科棟や美術・音楽の校舎が建っている場所にあった、現存しない校舎の窓の可能性もあるかなと思います。細かい話ですが、どなたか是非!)

2014年10月22日 (水)

”終戦70年へ「戦争と大学」展 慶応と早稲田 当時の学生感覚伝える” 読売新聞朝刊 2014年10月22日

読売新聞(文化面)で、「残されたモノ、ことば、人々」展が紹介されました。

2014年7月 1日 (火)

キャンパス路上観察①

キャンパスの中で、なかなか気づかないところにも戦争の痕跡はあります。

この写真は三田キャンパス内の柵です。

Dscn1059_r


一見何でも無い、ただの汚い柵ですが、これが戦争と関係が大ありです。鉄の横棒と石の柱との境目にご注目下さい。

Dscn1056_r


鉄の横棒と石の柱のサイズが合っておらず、コンクリートで埋めてあります。元々こんな粗悪な作りの柵だったのでしょうか。

次にこちらの写真をご覧下さい。(昨年度の展覧会の資料番号B-P08-5です)

5uehara82_2


この写真は出陣塾生壮行会(昭和18年11月23日)を終えた塾生が、今の東門からキャンパスを去って行く様子を写したものですが、その背景に写っているのは、同じタイプの柵です。ここには鉄の横棒が写っていないことが見て取れるでしょうか?

戦時下の金属の供出によって、キャンパス内の柵は一度全て失われました。上の写真ではその様子が偶然写り込んでいます。ちなみに、この写真ではわかりにくいですが、上の写真の左の方に写っている当時の正門(いわゆる「幻の門」)の鉄扉も供出されたので、ここに写っている黒い門扉は、木製の格子状の無粋なものになっています。供出前や戦後復元された鉄扉の形はこちらの模型の写真でわかります。

というわけで、最初の写真の鉄の横棒のサイズが石の柱と合っていないのは、金属供出によって一度鉄の棒が失われ、戦後作り直した名残というわけです。おそらく余りお金をかけずに修復したので(たぶん既製品の鉄の棒で一番サイズの近いモノを使ったのではないでしょうか)こういう雑な作りになり、今では抜け落ちているところもあります。

最近は減りましたが、街中で時々、横棒を失い、穴の空いた石の柱だけが規則的に並んでいる、かつての柵の哀れな姿を見ることがあります(墓地などでは今でもとても多いです)。柵だけが妙に新しかったりする場合も、だいたいこのパターンではないかと思います。

このように、ちょっとしたところに、70年前の痕跡が残っています。

②はいずれまた…。

2014年3月28日 (金)

アンパン帽に、軍服

昨年末、長澤剛正さん(昭27法律学科卒)の聞き取り調査をさせて頂きました。長澤さんは、現在も海軍第十四期飛行専修予備学生の出身者の会の活動を支えられているお一人で、何枚かの写真をご提供くださいましたが、そのうちの一枚がこれです。

N009_r_2

当時の方には珍しくもないのかもしれませんが、慶應の学生の写真としてはとても珍しいものです。お気づきになるでしょうか。

帽子は正面にペンマークのある慶應義塾の学帽。戦前の大学生(学部生)は、ふつう旧制高校や大学予科の生徒が被っていた丸い帽子ではなく、いわゆる「角帽」を被っていましたが、慶應は予科生も学部生も同じ丸い帽子を被っていました(もっといえば普通部生も)。

「角帽」はいかにも大学生らしくあこがれの的でもあったようですが、それに対して慶應の丸帽は、アンパン帽とバカにされることもありました。なぜ慶應は角帽を被らないか――。このことについては、記したいことがたくさんありますが、ここでは見送りまして、注目すべきは上着の方です。ペンマークの付いたボタンが並ぶ詰め襟ではなく、ボタンのない海軍の制服を着ています。

兵役を終えてキャンパスに戻ってきた学生の中には、慶應の制服が手に入らず、階級章などを外した軍服を着てくる人が少なくなかったと、よく聞きます。まさにその時代の塾生の姿を捉えている写真というわけです。慶應義塾の歴史資料として、こういう服装の学生ポートレートは今まで所蔵していませんでした。もちろん陸軍に行っていた方は、カーキ色の軍服に丸帽を被っていたわけです(こちらは依然として慶應にありません)。

ちなみに長澤さんは、他大学に在学中、学徒出陣を迎えて海軍に入り、復員後、元の大学ではなく慶應大学に入り直されました。こういう経歴の塾員の方もいらっしゃいますし、海軍兵学校や陸軍士官学校から慶應に入られたという方もこの時代にはたくさんいらっしゃいます。そのように多様なバックグラウンドを持ちつつ、慶應という共通の接点を持っている人たちの記録を、このプロジェクトではできるだけ濃くまとめて残しておきたいと考えています。

展覧会

facebook

運営組織