« プロジェクトの収集品を展示中 | メイン

2017年7月14日 (金)

焼け焦げた写真と陽気な寄せ書き

應義塾と戦争」アーカイブ・プロジェクトの一つの強い自覚は、学生の意識や実態の多様性です。

今回展示した資料中に、野球部OBの松澤喜三郎さんがお持ちだった、軍隊入隊時の友人たちの寄せ書き帳があります。ここに書き込まれた野球部の仲間やクラスメイトと思われる友人たちの書き込みは、いわゆる「体育会系」のノリ。かわいいイラストあり(当時の学生のなかなかの多芸も興味深い)、「恋」の話題あり、かと思えば、ロンドンやワシントンまで爆撃しようという勇ましいものまで。見開きしか展示できないのは惜しいので、コピーを壁に多数展示しました。

H75s2332ws4-06 軍隊入隊前の寄書帳(松澤喜三郎旧蔵)(昭和19年陸軍入隊、昭和23年卒)

その隣には、縁が焼け焦げた写真が3枚。こちらは篠崎俊二さんのご遺族より。篠崎さんは学徒出陣で海軍に入隊、飛行予備学生で零戦の操縦員となり、昭和20年4月14日神風特別攻撃隊第一昭和隊員として鹿屋を出撃するときに、爆弾が外れて滑走路上で爆死されています。その上ご自宅も空襲で全焼。この3枚の写真は空襲をくぐって母が守って残ったわずか3枚の篠崎さんの写真というものです。H75s2120ws4-07 空襲による焼損がある篠崎俊二の写真(昭和18年海軍入隊、昭和20年戦死)

展覧会

facebook

運営組織