2016年5月20日 (金)

1948年の「名誉の戦死」

資料の寄贈は続いています。

これまで戦没者名簿に記載されていなかった、宮崎克実さん(昭和9年経済学部卒)の軍歴及び戦死に関する記録類を、御子息でやはり慶應ご出身の弘実さんがご寄贈下さいました。

ご本人の自筆資料は一つもありませんが、厚生労働省、大分県(本籍地)、靖国神社等から得られた戦没に関する資料の写しを一括ご提供いただき、また戦友からの戦没状況を知らせる手紙や戦死公報等の原本もあわせてお寄せいただきました。一人の人間の死の記録がどのように残っているのかを考えるとき、余りに簡素で、また粗末であることに衝撃を受けます。

宮崎さんは昭和20年5月臨時召集で満洲で陸軍入隊、21年3月頃牡丹江省にて栄養失調のために戦病死。遺骨は戻らず、お墓に入っているのは「陸軍上等兵宮崎克実之霊」と記す木札のみとのこと。

戦死公報は、昭和23年に妻に届いたもので漢字ひらがな交じり、大分県知事の名義で届けられています。その公報に付けられた大分市長の添え状に「名誉の戦(病)死」の文字があります。行政の作成した文書なので、この言葉が戦後もこの時期にはまだ違和感なく生き残っていたのか、ただこの資料が例外なのかはわかりませんが、戦争終結による価値観の急転換の中でのエアポケットとしても、この言葉が強烈に頭にこびりつきます。

Kimg2202_r_2

Ciy6i8puyaa95sv_r

2016年3月10日 (木)

慶應大阪シティキャンパスへのアクセス

慶應大阪シティキャンパス(KOCC)は、グランフロント大阪北館タワーC・10階ですが、とってもわかりにくいです!ポスター等も掲示できないことから、案内無しにはなかなかたどり着くことができません。私なりの解説をしてみたいと思います。

1)こちらJR大阪駅から直結のグランフロント大阪です。まずはとにかく「グランフロント大阪」を目指します。

1457585199980_2

2)グランフロント大阪に入ったら「北館」の1階を目指します。

1457585132977

3)北館の1階はこんなところ。吹き抜けのある開放的な空間です。

14575851412254)北館1階の奥に「タワーC」のエレベーターへ通じる扉があります(タリーズコーヒーの奥です)。警備員さんがいて入りにくいですが、ひるんではいけません。迷わず進みます。

1457585149631_25)エレベーターは左右に分かれていますが、右側のエレベーターです。目指す10階は右側のエレベーターでしかたどり着けませんのでご注意ください!

14575851577586)北館タワーCの10階にたどりついたら、あとはおわかりになると思います。廊下に沿って歩いていけば、最初に現れるのが「慶應大阪シティキャンパス」です。

1457586272697

大阪展がスタートしました

昨日から慶應大阪シティキャンパスで「戦争の時代と大学」展がスタートしました。小さな会場ですが、貴重な資料が100点余り並んでおります。ぜひお越しください。

Dsc_5777

Dsc_5745

Dsc_5757

Dsc_5795

2016年3月 8日 (火)

大阪展会場準備中です

3月9日~17日にかけて慶應大阪シティキャンパスにて、当プロジェクト第4弾の展覧会が開催されます。7日より準備が開始されています。

Dsc_5733

Dsc_5728

今回は出張展示とはいえ、資料の内容は三田での展示に見劣りしないものとなっており、出品数はおよそ100点です。三田では展示できなかった新資料も出ています。毎度、一見すると汚い紙切ればかりですが、見ごたえがあると自負しております。慶應関係でない方にも十分関心を持っていただけるように構成しましたので、ぜひお越しください。

Dsc_5730_2

Dsc_5734

今回は大阪ならではの内容もご用意しております。

2016年1月15日 (金)

福沢研究センターが仮移転しました

長らくブログを更新できず失礼いたしました。

実は、前回の更新以降、福沢研究センターの入る図書館旧館が急遽改修工事に入ることが決定し、引っ越しの計画が急ピッチで立てられ、昨年末から先週にかけて移転作業を行いました。新しい事務室は南館(南校舎とは別の建物。ロースクールが入っている校舎)の4階です。一応3年後を目処に、旧図書館に復帰することになっております。住所、電話などの連絡先は変更ありません。

新しい場所は旧図書館より手狭で不便なことも多いのですが、これにめげず、プロジェクトは引き続き活動を続けて参りますので、ご支援のほどをよろしくお願い申し上げます。

Kimg1235_r30年ぶりにがらんどうになったセンター内の一角。

Kimg1468_r作業を恨めしそうに見守る手古奈サン(戦災の痕を留める大理石彫刻です)

Kimg1231_r_2新しい事務室の入る南館はこちら。

展覧会

facebook

運営組織