« 焼け焦げた写真と陽気な寄せ書き | メイン

2017年11月28日 (火)

「近代日本と慶應スポーツ」展開催中

慶應義塾三田キャンパス東館8階で「近代日本と慶應スポーツ」展が始まりました。

11月18日~12月13日(無休)、毎日10時~18時、どなたでもご覧頂けます。

戦争関係の展示も充実しています。こちらの画像はベルリンオリンピック(1936)に陸上短距離で出場した鈴木聞多選手(後に戦死)のユニフォームやスパイク。

Dsc_0958

こちらの画像は、別当薫、山本英一郎、正力亨、百万ドルの内野陣宇野・大舘など多くの野球部関係者が名前をそろえた日の丸、回天特攻で戦死した塚本太郎の記念に戦後作られたレリーフ(現在は水泳部合宿所に常設)、ロサンゼルスオリンピック(1932)での水泳銀メダリストで硫黄島で戦死した河石達吾が妻へ贈った硫黄島からの手紙など。

Dsc_0962

ベルリンオリンピックの有名な「友情のメダル」と、メダルを分け合った慶應生の大江季雄の卒業論文なども展示します。

展覧会

facebook

運営組織